• (1) バッテリーが消耗している可能性があります。15分間充電してください。
    (2) 電源アダプター(12V/2A、PDプロトコル)の交換をお勧めします。

  • Ubookとキーボードの接続端子位置がずれている可能性があります。平らなテーブルの上に置き、使用中はタブレットやキーボードを頻繁に動かさないでください。これは、2-in-1製品であり、接触面積があまり大きくないためです。

  • 熱の問題に関しては、ラップトップは比較的薄いのでマザーボードの熱を外筐に放出して放熱を改善し、マシンの性能を向上させています。充電中に使用する場合、外筐部分の温度約46度テストしていますが隠れた危険はありません。

  • キーボードの磁気強度は中程度で、簡単に出し入れできます。磁力が強すぎると、キーボードを引き抜くのに大きな力が必要になり、ハードウェアにダメージを与える可能性があります。

  • Windowsの自動輝度センサーはAndroidほど強力ではありません。明るさのコントラストがそれほど強くない場合、Windowsシステムはこの明るさの変化を感知しません。

  • UBookは比較的薄く小型であり、主に携帯型のオフィス用ラップトップとしての利用、パフォーマンスを確保するために小型スピーカーが選択されており、音はそれほど大きくありません。ご了承ください。

  • 1.バッテリ低下(1%未満の電力)
    電源ボタンを押してもタブレットが反応しない場合は、約30分~1時間充電します。再度電源ボタンを押して、起動できるかどうか確認してください。
    2.アダプターや充電ラインの故障が考えられます。
    他の機器(携帯電話、同等の電流および電圧板など)で正常に充電されているか確認してください。正しく充電できない場合は、アダプタと充電ケーブルを交換してください。
    3.システムのクラッシュ。
    最初に充電器を接続し、約1時間充電してから、電源ボタンを15秒間押し続けて強制的にリセットし、5~10秒後に再起動します。
    4.ブートキーが正常でない
    電源ボタンが押せず、正常に使用できない。
    5.USB充電ドックが破損している。
    USBインタフェースに異常がないか確認してください。破損している場合、ピンホールがずれている場合、または充電ケーブルを差し込んだ後にUSBケーブルが外れている場合は、USBインターフェイス不良として定義され、USBインターフェイスを交換します。
    6.バッテリーの調子が悪い
    アダプタを接続した後に充電インジケータが点滅する場合、電源をオンにするとバッテリーは100%になりますが、アダプタを取り外した直後に電源はオフになります。この現象はバッテリの不良が原因で発生する為、交換がする必要があります。
    7.ディスプレイが壊れている
    起動後、画面が明るくなります。電源ボタンを15秒間長押しすると、通常通りバックライトが消灯します。この現象はディスプレイに悪影響を及ぼすため、ディスプレイを交換する必要があります。
    8.モニタのFPCケーブルが不良
    使用中にプレートが落下したり、組み立てに失敗したりすると、ディスプレイFPCケーブルが外れます。その状態ではマシンの電源を入れることができないため、パネルバッテリを分解してからFPCケーブルを再挿入するか、新しいケーブルを不良ケーブルと交換する必要があります。
    9.BIOSファイルがありません
    この場合、マシンを分解した後にツールを使用してコンピュータのBIOSをスキャンする必要があります。USBフラッシュドライブから直接操作することはできません。
    10、マザーボードが不良。
    注:上記1、2、3の処理は単独で解決できます。4、5、6、7、8、9、および10は、アフターサービス処理に返送する必要があります。